来夢のおうち|神奈川・湘南・茅ヶ崎・寒川で新築戸建・注文住宅・中古住宅・建売

イベント情報モデルハウス見学会

「安い」だけじゃない!新築のローコスト住宅を購入する3つのメリット|2018年6月19日

こんにちは。照井建設代表の照井健治です。

「新築の家を購入するつもりだけれど、一般的な家だと多額の費用がかかってしまうため、ローコスト住宅を購入しようと思っている」という方が最近増えています。

でも、いざローコスト住宅を購入する時になると、「ローコスト住宅なんて、家のどこかに不備があるんじゃないの?」といった周りの人の声に不安になってしまうものです。

「ローコスト住宅って、安いこと以外に何かメリットはないのかな?」

このように、安さ以外にどんなメリットがあるのか気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

全国にはたくさんのローコスト住宅の会社さんがあります。仕事柄、たくさんの会社さんとお会いさせていただく機会がありますが、お話しを聞くとやはり皆さんそれぞれコストを抑えるための工夫や努力をされています。決して不備がある住宅ではないですね。

そこで今回は、ローコスト住宅の購入前にローコスト住宅に不安を抱いている方に向けて、新築のローコスト住宅を購入するメリットについて紹介致します。

 

■ローコスト住宅のメリット

「ローコスト」と言うからには、「安く建てられる」住宅である、というメリットは言うまでもありません。

ローコスト住宅は、一般に坪単価20~40万円台前半で建てられる家のことをいいます。

今回は、そんなローコスト住宅の「安さ」以外のメリットを見ていきましょう。

 

・住宅ローンが少なくて済む

安く家を建てられるということは、当然家を購入する際に組むことになる住宅ローンも少なくなります。

住宅を購入する時に大事なのは、購入時の資金を考えることだけでなく、将来の資金計画についてもしっかりと考慮に入れる、ということです。

住宅ローンが少なければ、将来的に余計なお金を払う心配がなくなり、余ったお金を趣味や老後の蓄えに回すことができますよね。

 

・工期が短い

通常の木造軸組工法では、家を建てるのにかかる期間が4~6ヵ月であるのに対し、ローコスト住宅では3ヵ月前後になります。

もし、現在賃貸住宅にお住まいの方であれば、施工期間が短いことで、賃貸契約を短縮したり、余分な家賃を払わなくて済んだりします。

家を建てる際の工期が短いということは、経済面での影響が大きいようです。

 

・人気のデザインがパックになっている

ローコスト住宅では、費用を抑えるためにデザインや設備などのプランがある程度規格化している場合が多いです。

デザインのことがよく分からない、という方でもデザインや設計のイメージが湧き、あらかじめ用意された人気のデザインパックからお好みのデザイン・設備を選ぶことができます。

そのため、住宅に詳しくない方でも、デザインや設計について自分で調べる手間が省け、時間的にも心理的にも家を購入する時の負担が少なくて済みます。

 

■まとめ

新築のローコスト住宅を購入するメリットについてご紹介してきました。

ローコスト住宅は安さ以外にも、

・住宅ローンが少なくて済む

・工期が短い

・デザイン、設備を好みに沿って選べる

というメリットが存在することがお分かりいただけたと思います。

 

住宅に多額のお金をかけるのもいいかもしれませんが、その結果、生活が苦しくなってしまっては本末転倒ですからね。

ローコスト住宅の意外なメリットを知って、ローコスト住宅の購入を前向きにご検討いただけると幸いです。

次回は「ローコスト住宅を購入する前の注意点!」についてお話ししたいと思います。

 

それでは、今日はこのへんで。

  • お問合わせはこちら
  • イベントご予約特典
来夢のお家(らいむのおうち・ライムのおうち)|神奈川・湘南・茅ヶ崎・寒川で新築戸建・注文住宅・中古住宅・建売をお考えならローコスト専門店
予約特典あり!イベント予約

先頭へ戻る